彼氏とヨリを戻す方法〜その秘訣と復縁方法〜

彼氏への「執着心」を捨て去ることに成功できた

  •  
  •  
  •  

彼氏への「執着心」を捨て去ることに成功できた

「わたしのことを今どのように思っているのだろうか」

 

「本当に今でも私を好きなのか、それとも好きではなくなったのか」

 

 

二人の関係が今、たとえ冷めていたとしても彼氏のことを愛しているのなら
こんな不安や想いがあなたの頭の中でグルグルと回ってしまうのは自然なことだと思います。

 

 

でも、その想いが行き過ぎると…。

 

 

「好き」という感情に上塗りをし、その感情を5倍にも10倍にも膨れ上がらせて
いつの間にか、「好き」から「執着」というものに変わってしまうでしょう。

 

 

 

この「執着」というのはとても厄介なもので、

 

 

「なんで、分かってくれないんだろう。」

 

「彼は私のことが大事ではなくなったのではないだろうか。」

 

「何か原因があるのではないだろうか。」

 

 

と、あなたの心の中は、彼のことでいっぱいになり、またさらに執着心が強く
なってしまうという悪循環にはまっていくのです。

 

 

だから、不安を取り消すため、彼氏に一生懸命媚びはじめてしまうんですよね。

 

 

だけど、そんな努力とは裏腹に彼氏にとってそれらの行動は迷惑そのもの。

 

まったくもって不必要なものでしかないんです。

 

 

そんなあなたの心の動きに気が付いてしまった彼氏は、それはとても重くうっとおしい
ものに移ってしまいます。

 

 

そして、彼はつけあがるでしょう
「あいつは俺のいうことならなんでも聞くだろう」ってね。

 

 

だから、

 

 

恋愛に「執着」はいらない。「執着心」は持たない方が絶対にいい!!

 

 

 

 

このマニュアルを読んでから「わたしは執着のワナにハマっていないだろうか」

 

と日々、自問自答する習慣を身につけました。

 

 

ということも影響してか、今では彼氏とスムーズで対等な関係を築けるようになったと思います。

 

 

 

もちろん、彼氏がつけあがることはありませんし、
付きまとわない自然なわたしの姿をありのままに受け入れてくれるようになったと思います。

 

 

あなたの「好き」のレベルは間違ったものではありませんか?

 

「執着」が上塗りされたものではありませんか?

 

 

 

関連記事

Special Thanks

マニュアルについて

マニュアル体験談

マニュアルの中身を検証

マニュアル実践後の効果

Q&A

QLOOKアクセス解析
QLOOKアクセス解析